医療脱毛のデメリット

全ての施術が終わるまでにサロンの数倍の費用が掛かることがある

医療脱毛は、広範囲にムダ毛が生えている人や、永久脱毛を希望する人にとって欠かせない脱毛方法のひとつですが、全ての施術が終わるまでの間にサロンの数倍の費用が掛かるケースが珍しくありません。特に、新型の医療レーザーによる医療脱毛の施術を選択する場合には、トータルで五十万円を超える費用が発生することもあるため、資金にさほど余裕がない人は、時間を掛けて契約先を見つけることが重要となります。また、生まれつき肌の色が濃い人や、産毛の本数が多い人については、施術に使用する医療レーザーの種類によって、望み通りの効果を得られないこともあるため注意が必要です。

医療脱毛の際に無駄な出費をできるだけ減らすには、契約時に必要最小限の部位を指定することや、毛周期に応じて通院のスケジュールを決めることがポイントです。なお、医療脱毛の施術の評判が良い美容クリニックでは、新規の患者を対象に、ワキや足、腕などの希望者が多いパーツの施術をリーズナブルな価格で受け付けているところもあります。そこで、契約後に料金面でのトラブルに悩まされないために、クリニックごとの料金体系をよく確認したり、自分に合った支払方法を探したりすることがポイントです。

肌が荒れている人や敏感肌の人は施術中に強い痛みを感じやすい

医療脱毛の施術は、短い期間で全身の気になるパーツのムダ毛を処理できる一方、強力なレーザーを使用するため、肌が荒れている人や敏感肌の人は施術中の痛みが強く出やすいといったデメリットもあります。たとえば、毛穴の周辺や奥までしっかりとレーザー光線が届く機器を選択する場合には、麻酔クリームを施術の前に塗布してくれるところや、アフターケアが丁寧なところと契約を結ぶことが肝心です。また、通院をする間隔が短い場合には、肌の表面のダメージが大きくなることもあるため、痛みが気になる人は医師や看護師と相談して、余裕を持ってスケジュールを組むのがおすすめです。

最近では、施術中に出力を数段階に調節できるレーザー機器を導入したり、施術に立ち会う医師や看護師の教育に力を入れたりするクリニックも増えており、従来と比べて痛みを抑えられるようになっています。その他、美容医療に定評がある都市部のクリニックの中には、様々な肌質の患者に対応するため、二つ以上の種類のレーザー機器を選択できるところもあります。そこで、早期に医療脱毛の施術をすべて終えた患者の感想を参考にしたり、無料相談の申込をしたりして、長く通院ができるところを見極めることが大切です。