医療脱毛のメリット

医療脱毛とサロンでの脱毛の違いと医療脱毛のメリット

サロンでの脱毛とクリニックなどの医療機関での脱毛は、何が違うのがわかりにくいかもしれませんが、根本的な脱毛のシステムが違います。サロンでの脱毛は光脱毛(フラッシュ脱毛)と言って、光を毛根付近に当てて、毛が生えてきにくい環境を作ることを目的としています。痛みが少なく、気軽に始められそうな料金設定になっている点が魅力です。 クリニックでの医療脱毛は、レーザーを毛根に当てて毛根を焼き切ってしまい、もう二度と毛が生えてこないようにする脱毛方法です。毛根を焼き切って毛母細胞を破壊してしまうため、永久脱毛が可能という点が最大のメリットと言えるでしょう。ただしレーザーのエネルギーは強いので、それなりに痛みもあります。機械の扱いにも専門的な知識と技術が必要なので、レーザー脱毛器は医療機関でしか扱えないようになっています。つまり永久脱毛が可能な脱毛方法は、医療機関でしか受けられないということです。 サロンと医療脱毛の違いは痛みだけではありません。脱毛完了までにかかる期間が異なります。医療脱毛は毛母細胞そのものを破壊するので、1回処置した部分からは生えてきませんが、サロンでの脱毛は徐々に毛を弱らせていくので、同じ箇所に何回か処置する必要があり、通う期間も長くなります。痛みを重視するのか、通う期間や永久脱毛という効果を重視するのかで、選択が変わってくるということですね。

医療脱毛で全身脱毛するとどのくらいかかる?

医療機関で永久脱毛を受けるとなると、高額になりそうなイメージがありますが、実際にはいくら位かかるのでしょうか。もちろん、毛の生え方や量は個人によって差がありますし、それぞれの医療機関で使用している機器によっても違いがあります。それでも概ね5回から8回ほど通えば、全身脱毛を完了できる人が多いようです。医療脱毛は毛周期に合わせて脱毛していくので、いつでも好きな時に通えるというわけではありません。だいたい2か月から3か月に1回位のペースで通います。そのため全身脱毛が完了するまでには、1年から2年程度かかるようになります。 全身脱毛のプランはどこのクリニックやサロンでも、顔とVIOを含むプランと含まないプランに分かれています。全身脱毛を始める前に、顔やVIOを含めて全部脱毛したいのかどうかを、しっかりと決めておきましょう。クリニックにもよりますが、顔とVIOを含む全身脱毛5回の価格は、25万円から35万円ほど。ちなみにサロンでの全身脱毛の価格は、6回コースでだいたい10万円前後です。これだけ見るとサロンのほうがお得にみえますが、サロンの場合脱毛完了と言えるまでに18回以上通うケースが多く、総額では30万円を超えてしまうようになります。期間も長くなるうえに永久脱毛ではないので、またいつか毛が生えてくるかもしれません。全身脱毛にかかる総額と時間を考えると、医療脱毛のほうが結果的にお得と言えるかもしれませんね。