エステ脱毛のデメリット

ニードル脱毛、エステと医療機関ではどう違う?

脱毛の方法は大別するとレーザー脱毛とニードル脱毛があります。ニードル脱毛は毛穴一つ一つに電気針を刺していく脱毛法です。刺した電気芯に電流を流して毛穴の奥にある毛乳頭を破壊します。破壊された毛乳頭は再生できなくなり、一度施術した毛穴はからは発毛できなくなります。現在唯一の完全な永久脱毛方法といわれています。肌色を問わず毛の薄い人も施術できる、毛の密度を調整できるなどのメリットがあります。 ニードル脱毛には医療脱毛とエステ脱毛があります。医療機関で行われるニードル脱毛はエステで行われるものよりも威力の強いニードルを使用します。ニードル脱毛の大きな特徴は痛みが強いということですが医療機関の場合には麻酔を使用できます。そのため、一度に多くの毛穴を破壊できます。エステで行われるニードル脱毛は麻酔が使えないので痛みが強く一度に長時間、または多くの毛穴に施術することはできません。また、施術後の痛みの対策などでも医療機関の場合には痛み止めなどの処方が可能ですがエステでは痛み止め対策が不十分になってしまいます。 ニードル脱毛には高度な技術が必要なので他の脱毛方法と比べると一回の施術費用が高くなり、施術回数も多いので結果的には高くつく脱毛法です。そのためニードル脱毛をする機関はあまり多くはありません。

レーザー脱毛は医療機関?エステ、どっちがいい?

レーザー脱毛には一般的にレーザー脱毛といわれるものと光脱毛があります。医療機関で行われるレーザー脱毛とエステで行われる光脱毛は脱毛の原理は同じです。レーザー脱毛は黒い色に反応するレーザーを肌に照射することで施術時に発毛している毛の毛根にダメージを与えます。施術時に発毛していない毛根には特に影響がないので、毛サイクルを見ながら何度か照射しなければなりません。
エステでは出力の弱い機器を使用するので脱毛効果が低くなってしまいます。


レーザー脱毛や光脱毛では毛根にダメージを与えますが完全に破壊するわけではないので完全な永久脱毛とは考えにくいのが現状です。レーザーは黒い色に反応するのでほくろ部分やシミ、あざなどにも反応してしまいます。また日焼けにも注意が必要です。医療機関のレーザー脱毛はエステの光脱毛よりも多少痛みが強いといわれています。しかし、痛み止め対策で薬の処方ができるのが医療機関の強みです。

医療機関のレーザー脱毛ではエステの光脱毛に比べて脱毛効果が比較的高いので施術回数が少なくて済みます。一回の施術料はエステの方が安いのですが、長い目で見るとエステの光脱毛が高くついてしまうこともあり得ます。特に毛が濃い人にはエステの光脱毛では効果が出にくい可能性が高いのです。また、万が一の肌トラブルに関してもエステの対応力は弱くなってしまいます。